KATAは、マンフロット(Manfrotto)と合併し、最強のバッグメーカーを目指します! 詳細
Vitec Group

品質と規格


KATAが取り組むトータル品質

KATAの品質方針と研究・開発・設計・生産手法は、KATAのチームビジョンやお客さまのニーズに基づいております。また、お客さまの期待を取り入れ、改善し、それを越えるものを創造するという考えの下、成り立っております。

KATAは、バッグとともに高性能な保護能力のある携行方法の開発・生産に取り組んでいます。KATAのチームのもとで技術開発された当社製品は、ユニークなソリューションを提供し、世界中の多くのお客さまに親しまれています。当社製品は、防衛庁や様々な業界(とりわけ先端技術産業)や写真撮影事業(写真や映像)の分野で多くご使用いただいています。規格品の生産から様々な新ソリューションの並行開発といった独自の運用方式まで、KATAの中では常に何百ものプロジェクトが同時に進行しています。
KATAの作業工程は、プロジェクト規模(当社では、単一ユニットから数千に至るまでの生産が可能)や予定表を基に、顧客のニーズに応じて、最大限柔軟に対応いたしております。当社製品には、重機材用携行システム、高精度機材用の軽量保護機能付き携行システム、カメラ・ビデオカメラ用のバッグや付属品、雨対策用品などがあります。

製品要求品質

この製品要求品質は、KATAの信念であるコンセプトが基本となっています。

  • お客さまのニーズの理解
  • イノベーション
  • 細部へのこだわり
  • 製品に適切な素材の選択
  • 新機能の開発
  • テスト、チェック、検査、報告

 

品質方針

KATAの方針は、会社の構造に総合的な品質のメカニズムを組み込む、というものです。当社の品質メカニズムは、当社の社員、機械、過程、製品、サービスやその他あらゆる仕事の構成要素を含むものとなっています。
KATAは、国際的なISO規格9001-2008も満たしています。

規格

KATAの品質管理における信念の下、最も厳しい国際規格を採用しています。

規格: 私たちの生活の大半では、規格による多くの貢献があります。しかしながらほとんど、この貢献を目で見ることができません。この重要性を痛感するのは、規格が欠けてしまったときなのです。例えば、製品のユーザーであれば、製品の品質が粗悪で、収まるはずのものが収まらず、既にある機材との互換性がないとなれば、それらは信用ができず、危険な製品だということがすぐに解るのです。
一方で、製品が期待通りであると、それが当たり前だと思いがちです。私たちは普段、品質、安全性、信頼性、効率性、互換性を高める規格、そして、それらの利点を経済的価格で提供する規格の役割に気付かずにいるのです。

組織: ISOは、146カ国の国家規格協会ネットワークであり、1カ国1機関の参加の原則の下、スイス・ジュネーブに中央事務局を置き組織を取りまとめています。
ISOは非政府組織です。国連とは異なり、メンバーも国家政府代表団ではありません。しかしながら、ISOは官民間の特別なポジションにあります。これは、多くの協会メンバーが自国の政府組織の一員であるか、自国の政府によって任命を受けているからです。一方で、企業団体のパートナーシップによって設立された民間セクター出身のメンバーもいます。このような背景があり、ISOは、ビジネスでの必要事項と、社会の幅広いニーズ - 消費者や利用者といったグループのニーズ等 - を同時に満たすことのできるソリューションに関し、コンセンサスを得る組織間の橋渡しとして活動することができるのです。

名称: 国際標準化機構(International Organization for Standardization)は、言語によって異なる略称があるため(英語では「IOS」、フランス語では「OIN (Organisation Internationale de Normalization)」等)、設立当初にギリシア語に由来する「均等」という意味のisosという単語を使用することで決定されました。従って、どの国であれ、どの言語であれ、当該組織の略称は常にISOとなっています。

ISO 9000: ISO9000群は、ISOの中でも最も広く知られた、これまでで最も効果的な規格です。ISO9000は、企業間取引において、品質要求事項の国際規格となりました。ISO規格の大部分は、特定の製品、材料、または過程に特定しています。しかしながら、ISO9000で世界的に高い評価を得た規格は、「包括的マネジメントシステム規格」として知られるようになっています。ISO9000は、顧客や適応される規制条件を満たし、継続的にパフォーマンスを向上することで顧客満足度を助長する「品質管理」に取り組むものとなっています。
(www.iso.org)